サプリメント 頼りすぎない 食事の補助 使い方

サプリメントに頼りすぎないで!食事の補助としての使い方

サプリメントに頼りすぎないで!食事の補助としての使い方

 

サプリメントは補助食品と呼ばれていますよね。

 

普段の食事だけでは不足しがちな栄養分の補給に、とても便利なものです。

 

でも、サプリメントだけで1日に必要な栄養分を補給できるわけではありませんね。

 

栄養不足などによる体調不良が、「サプリメントの摂取によってみるみる改善!」なんてことにはなりません。

 

サプリメントの目的は、普段の食事の補助として取り入れることです。

 

サプリメント単体で健康管理をしようというのは無理があります。

 

では、体調不良を改善したいときには、サプリメントをどのように取り入れていったらいいのでしょうか。

 

たとえば貧血に悩んでいる場合について考えてみましょう。

 

貧血の原因は鉄分の不足と考えられますね。

 

かつて貧血気味というと、レバーやほうれん草などを食べなさい、と勧められたものです。

 

でも、「レバーが苦手だから食べたくない」「鉄分のサプリメントを摂るからいい」というのは間違いですよ。

 

 

もし、ひどい貧血に悩んでいる場合には、まずはちゃんと病院で診察を受け、貧血の治療を行いましょう。

 

なぜなら鉄分の不足だけが貧血の原因とは限らないからです。

 

でも、診察の結果、「貧血の傾向はあっても投薬などの必要はない」と判断され、「鉄分の多い食品を摂るように」と医師に言われたとします。

 

そんな場合には、食事の補助としてサプリメントを取り入れるようにするといいですね。

 

 


安全で失敗しないサプリ 基礎知識 生活習慣 ダイエット アンチエイジング 症状緩和